対面と質にこだわり顧客満足度No.1 - 税理士紹介相談所
おかげさまで10周年
あなたにピッタリの税理士を無料にてご紹介させて頂きます。
ご利用実績: 13,415
  • 良い税理士を選ぶ3つの基準
  • お客様の声
  • 相談所ストーリー
  • 社長ブログ
  • 税理士の方へ
2018年12月17日

事務所を引き継いだ二代目所長の心構え

今回は、事務所を継いだ二代目所長の心構えについて紹介したいと思います。
まずは先代所長の時代からいるスタッフに対してです。
 
彼らは新所長がどんなに気を使って歩み寄っても、いずれ必ず辞めていく存在です。
だからとむげに扱っていいというのではありませんが、あくまでもそのつもりで考えていくべきです。
 
もうひとつの心構えは顧客についてです。先代から引き継いだ顧問先は、新所長がいかに彼らに好かれ、
また認められたとしても、新所長に新たに顧客を紹介してくれることはないと思っておくべきです。
 
先代からの付き合いということは、相手も事業承継ができていない限りは、
かなりの高齢であると考えられ、そのため往々にして顧問先周辺も代謝が落ちています。
 
事業は安定しているかもしれませんが、二代目を継いだ税理士先生に
新しい顧客を紹介するほどの付き合いの幅はないのが現実です。
 
もちろん、そうした企業の顧問料は相場より高いことも多いですし、
当面の収益を安定させるためには大切な取引先です。
 
しかし、それだけで安穏とあぐらをかいていては事務所の成長には決してつながりません。
そのため、事業を引き継いだ新所長がするべきことは、ずばり
新しい人材の採用と自らの手による新規顧客の開拓です。
 
先代からいるスタッフや顧問先を当てにせず、新たに採用したスタッフとともに
新所長自身が先頭に立って未来を切り拓くのです。
 
そのためには、事務所を引き継いだとはいえ、気持ちとしては
新たに事務所を開業したつもりで取り組む姿勢が求められます。
 
全くの新規開業に比べれば、多少の資金と人材、そして顧問先があることで、
非常にリスクは少なくて済みます。ぜひともパイオニア精神を存分に発揮してください。
 
古くからいるスタッフは、往々にして実務経験が豊富で、
もしかすると新所長より税務に詳しいこともあるでしょう。
 
その古いスタッフに実務で認めさせるよりは、新たな案件を増やす
実績を見せる方が時間的にも労力的にも意味のあることです。
 
そして、自分を信用して従ってくれる新しいスタッフとともに
所長が自信を持って突き進んでいけば、組織は必ず新所長の色に変わっていくでしょう。
 
代替わりで停滞するか成長するかの差は、多くの場合で二代目の心意気一つにかかっているのです。

失敗しない税理士の選び方教えます。
失敗しない税理士の選び方教えます。

お問い合わせフォーム

 

 

フリーダイヤル:0120-919-732
フリーダイヤル:0120-919-732
お問合せ内容  




⇒ 資料請求の方はこちら  
⇒ 税理士の方はこちら


[ 例 ] 株式会社タックスコム

[ 例 ] 山下 太郎

[ 例 ] info@t-zei.jp

[ 例 ] 0368694486(ハイフンなし)

[ 例 ] 東京都港区虎ノ門1-1-21 新虎ノ門事業会館5F
相談項目  





・該当するものすべて選択ください。
.  万円
[ 例 ] 1億円 = 10000
.

PAGE TOP
このページのトップへ
  • はじめて税理士と契約をお考えの方へ
  • 今の税理士が不満で変更をお考えの方へ
  • 税理士に相続税の申告をお願いしたい方へ