2019年11月29日

税理士紹介会社に依頼する3つのメリット・2つのデメリット

最近、「何のしがらみもない中立な立場から、自社の条件にあった税理士を紹介してほしい」というニーズが高まっています。そんななか、よく耳にするようになってきたのが、税理士紹介会社です。

紹介会社による、税理士紹介サービスは、それほど新しいサービスという訳ではありません。「知る人ぞ知る」といった存在で、以前から利用はされています。

サービス内容は、お見合い仲介サービスに似ているというと、イメージしやすいかもしれません。税理士を探している人と、顧客を探している税理士とを、最適な組合せになるように調整して紹介するという、いわゆる「マッチング」です。

このサービスによって、税理士を探している人は余計な手間を省くことができます。そして、どんな税理士を選べばよいのか紹介会社からアドバイスを受けることもできます。

税理士にとっては、自力での顧客開拓以上の集客効果を見込めます。また、あらかじめ相談内容がわかっているので、税理士側としても顧客を選べるという利点もあります。

それでは、具体的にそれぞれの立場から見た、税理士紹介サービスのメリットとデメリットを挙げてみましょう。

※注:もし今税理士をお探しなら
実績1万件以上!タックスコムの税理士紹介サービス『全国税理士紹介相談所』にご依頼ください。面談済み税理士1000名の中からぴったりの税理士を無料でご紹介いたします。

税理士を探している人(依頼者)から見たメリット

税理士を探している人は、サービスによって様々な恩恵を受けることができます。特に以下に挙げるメリットは、大きいものであるといえます。

1、自分で探す手間が省ける

世の中には、実に多くの税理士がいます。それだけでも、どの税理士に依頼するべきか迷ってしまいます。加えて、税理士には得意分野があるため、自分が依頼したい内容と税理士の得意分野が噛み合わないと、的外れな結果に終わるかもしれません。

税理士紹介サービスを利用すれば、事前のカウンセリングにて自分の希望を紹介会社に伝え、条件に合うと思われる税理士を紹介してもらうことが可能です。

2、自分で選ぶよりも正確

税理士を探している人は、どんな税理士が自分に適しているのかよくわかっていない傾向があります。紹介会社は、税理士を選ぶことが本業ですから、依頼者が見落としがちなポイントを把握したうえで、長く付き合える税理士を選んでもらえます。

また、税理士と契約した後でも、何かあった際にはフォローしてもらえる会社もあります。依頼者側でも税理士側でもない、第三者の立場として存在しているので、上手に活用すると、税理士選びの際はもちろん、税理士との顧問契約後でも安心です。

3、依頼者には費用がかからない

「登録料が必要なのでは?」「紹介料が高いのでは?」といった誤解をしている方も少なくないのですが、多くの紹介会社は税理士からの登録料で運営してるところが多く、依頼者(税理士を探している側の人)には、費用がかからない場合が少なくありません。利用を考えているサービス会社に確認してみましょう。

税理士を探している人(依頼者)から見たデメリット

このように、税理士紹介サービスは便利で有意義なものですが、使い方によってはデメリットとなる場合もあります。

1、紹介会社にも、個性がある

税理士に得意分野があるように、紹介会社にも得意な分野、不得意な分野があります。特に、本業を別に持っている会社が片手間でやっているようなサービスの場合は、少し注意したほうがよいかもしれません。紹介会社それぞれの特色をつかんで依頼するとよいでしょう。

2、マッチングが上手くいかないこともある

紹介会社を利用しても、相談を受ける担当者の力量に結果が左右される部分があることは否定できません。また、地域や業種・相談内容によっては、サービス会社に登録している税理士ではマッチングできない場合もあります。

税理士から見たメリット

1、集客の選択肢を増やすことができる

税理士といえども、顧客がいなければ事業が成り立ちません。そのため、集客は税理士業務を営むためには欠かせないことです。もちろん税理士も自ら営業活動を行っていますが、紹介サービスに登録すると半ば自動的に顧客候補の紹介が受けられます。これは、大きなメリットといえるでしょう。

2、新規顧客獲得のハードルを下げることができる

「税理士も顧客を第一とするサービス業である」という考え方が現在では当たり前になっていますが、初めて会う人に自分の魅力・能力を正しく伝えることは難しいものです。しかし、紹介会社のコンサルタントが面談に同席することで、この点のフォローを期待することができます。

3、事業の幅を広げることができる

紹介会社は、様々な新規案件を持っています。そのなかから、これまでの経験より少し規模の大きいものや、似ている業種の顧客などを選ぶことで税理士自らの経験値を高めることに役立ちます。

税理士から見たデメリット

1、コストがかかる

上記のように、税理士紹介会社は登録税理士から登録料を取っていることが多いです。案件獲得のために、莫大な広告費を費やしているためです。加えて、依頼者との契約が成立した場合、紹介会社への費用を負担するのは税理士側です。税理士にとってコスト負担になることは事実です。

2、紹介が少ない、適切な業務が提案されない

紹介会社の選択を間違えると、適切なマッチングがされないケースや赤字同然の金額で契約に至る場合があります。これは紹介会社の質の問題もありますが、税理士、依頼者、紹介会社それぞれの相性の問題もであります。

メリットとデメリットを把握して、賢い使い方を

税理士紹介サービスは、税理士を探している人にも、顧客を探している税理士にも大変役に立つサービスです。特に、税理士を探している経営者の方にとっては、コストをかけずして、税理士を探す労力と税理士のミスマッチによるリスクを減らせるのですから、かなりのメリットを有しているといってよいでしょう。

最大の特徴は、手間を省けること・複数の選択肢を得られること・事前相談をすることができることです。ただし、忘れてはいけないことは税理士紹介会社もいろいろあるということです。

選択肢は数多くありますから、まずは各会社のホームページを参考にしたり、電話やメールなどにて質問をしてみましょう。そして、自分の要望に合った税理士を紹介してもらえそうな会社に依頼しましょう。

※業界で唯一、10年以上の決算実務経験者が、税理士全員(1,000名以上)と面談をしている税理士紹介会社はこちら。税理士紹介の専門家 ⇒ 『 全国税理士紹介相談所 』

▢一番読まれている記事

  1. 2019年10月25日
    税理士のミスにより損害が発生した場合~責任はどこまで問える?

  2. 2019年10月23日
    税理士への苦情は、どこに言う?

  3. 2019年11月07日
    税理士への相談、どこまで無料?どこから有料?

  4. 2020年02月19日
    確定申告の還付金はいつ・どのように戻ってくる?その仕組みを詳しく解説

  5. 2020年02月18日
    「続柄」の正しい書き方とは?書き方の基礎知識

  6. 2020年02月01日
    税理士を雇う費用はいくらなのか?4つのメリット

  7. 2020年03月03日
    マイナンバー桁数は何桁?その意味とは?

  8. 2020年02月16日
    源泉徴収票を紛失したときの対処方法-再発行は可能?

  9. 2019年09月25日
    無資格(ニセ)税理士に依頼してはいけない理由とそのリスク

  10. 2020年02月13日
    【初心者必見】確定申告をe-tax(電子申告)でする方法