2020年1月9日

格安税理士2つのメリットと3つのデメリット

どんなサービスでも、安いことには一定の価値があります。これは、税理士業務においても同じことがいえます。本当に業務内容が同じであれば、安い方がよいに決まっています。しかし、実際にそんなことがあり得るのでしょうか。他のサービスと同様に、安いことには必ずそれなりの理由があるものです。

企業と税理士は、一般に顧問契約を交わすことが多いです。税理士は包括的に顧客の税務や経営をサポートし「顧問税理士」「パートナー税理士」などと呼ばれます。

その一方、低い価格で税理士業務を提供する税理士は「格安税理士」などと呼ばれます。「格安」とは上記のような契約形態と比較してのことであり、彼らが格安でサービスを提供できることにも理由はあります。

格安税理士は、上手に使いこなせればメリットを受けられますが、特性をしっかり理解して利用しないと後で高くつく場合があります。ここでは、格安税理士を利用するメリットとデメリットについて解説していきます。

※注:もし今税理士をお探しなら
実績1万件以上!タックスコムの税理士紹介サービス『全国税理士紹介相談所』にご依頼ください。面談済み税理士1000名の中からぴったりの税理士を無料でご紹介いたします。

一般の税理士と格安税理士、どちらに頼んでも同じ?

「税理士のやることに変わりはないのだから、格安税理士でも構わない」と考える経営者の方も少なくありません。このように考える気持ちはわかります。税理士の仕事は、税法に基づいて決められたルールでやることが基本だからです。しかし、どちらに頼んでも同じではありません。やはり違いはあるのです。

大きな違いは、「格安税理士は、本当に限られた業務しか行わない」ということです。例えば、確定申告の代理を依頼し、契約を結んだとします。一般の契約の場合、確定申告書を作成して、税務署に提出するまでが税理士の仕事です。しかし、格安税理士の場合は、ただ確定申告書を作成するだけです。

「作成するだけ」ですから、税務署に提出することはおろか、顧客に届けることもしません。「作成が完了したので取りに来てください」といわれることもあります。決算書の内容についての説明もなく、あったとしても簡単なものです。

決して、格安税理士が不親切という訳ではありません。税理士側は価格に見合った仕事をしているだけですし、顧客側にも「このように割り切った必要最小限のサービスがよい」とする考え方もあるのです。一般的な顧問契約からすると驚きかもしれませんが、そこは価値観の違いといえるでしょう。

格安税理士に依頼するメリット

ここからは、格安税理士を利用するメリットを挙げてみます。

1、税理士費用を抑えられる

最大のメリットは、低価格であるということです。端的に節約したいという場合だけでなく、創業して間もなかったり、業績が芳しくない場合など、税理士費用をかけられない顧客の需要も満たしてくれる存在が、格安税理士です。

2、必要最小限のサービスを選択できる

一般的な税理士が行っている手厚いサポートに魅力を感じず、手間な部分だけを依頼したいという場合もあります。特に小規模事業などで、それほど煩雑な税務を必要としない場合、必要最小限のサービスだけを選択できるのはメリットといえるでしょう。

格安税理士を利用するデメリット

一方、格安税理士税理士を利用すると、以下のようなことが生じます。これをどのように捉えるかは人それぞれですが、デメリットといえなくもないでしょう。

1、巡回訪問してくれない

そもそも格安税理士との契約では、月次の報告書が出ることは少なく、出ても数か月から半期のスパンです。顧客を毎月訪問するようなことはありませんし、面談が必要な際にも事務所へ来所してもらうスタイルが基本です。

2、会計処理は原則的にノータッチ

記帳代行などを請け負う格安税理士は少ないです。自社で入力した会計データもチェックはされるものの、修正まではしてもらえない場合があります。

3、経営相談は皆無

経営に関する分析や相談、資金繰りへのアドバイス、会計処理の質問などは、格安税理士との契約には、含まれないことがほとんどです。オプションサービスとしてスポット的に提供されることもありますが、当然別料金を請求されることになります。

また、チェックしているのは過去の会計データなので、未来を見据えた節税対策や税務調査対策はやってもらえません。

格安税理士は、特性を理解して利用する

このように、格安税理士は限られた業務を行うことが特性です。この点が、一般的な税理士の顧問契約とは特性が異なります。格安税理士の特性について納得し、好ましいと思えれば利用する価値はあるでしょう。

誤解してほしくないのですが、格安税理士は決して「安かろう悪かろう」というサービスではありません。サービスの提供の仕方が、一般的な税理士と違うというだけであり、使い方次第のところがありますし、限られた範囲のなかで誠実に業務を遂行してくれます。

包括的で手厚いサービスを望むのであれば、それを格安税理士に求めるのは筋違いです。費用はかかってしまいますが、通常の顧問契約にも得がたいメリットがあります。ここは、費用対効果で判断したいところです。

 

格安税理士の探し方

格安税理士は、ネット検索ですぐに見つかります。ホームページや、ブログ、SNSなどでPRをしている格安税理士がすぐに見つかります。

初回相談は無料にしているところが多いので、近隣に格安税理士の事務所が見つかれば、直接訪問して様子を伺ってみることもいいでしょう(一般的に格安税理士の場合、客先を訪問せず事務所に来所してもらう形を取ることが多いので)。

しかし、検索では大量の情報で溢れてしまい、取捨選択が厄介なのも事実です。自分で探すと、かなりの手間がかかってしまいます。時間や手間をかけずに、自分のニーズに合った税理士を見つけたいという場合は、税理士紹介サービスがお薦めです。

※税理士紹介会社について知りたい方は『税理士紹介会社に依頼する3つのメリット・2つのデメリット』をご覧ください。

▢一番読まれている記事

  1. 2019年10月25日
    税理士のミスにより損害が発生した場合~責任はどこまで問える?

  2. 2019年10月23日
    税理士への苦情は、どこに言う?

  3. 2019年11月07日
    税理士への相談、どこまで無料?どこから有料?

  4. 2020年02月19日
    確定申告の還付金はいつ・どのように戻ってくる?その仕組みを詳しく解説

  5. 2020年02月18日
    「続柄」の正しい書き方とは?書き方の基礎知識

  6. 2020年02月01日
    税理士を雇う費用はいくらなのか?4つのメリット

  7. 2020年03月03日
    マイナンバー桁数は何桁?その意味とは?

  8. 2020年02月16日
    源泉徴収票を紛失したときの対処方法-再発行は可能?

  9. 2019年09月25日
    無資格(ニセ)税理士に依頼してはいけない理由とそのリスク

  10. 2020年02月13日
    【初心者必見】確定申告をe-tax(電子申告)でする方法