2018年12月3日

月次訪問で求めていること・求めていないこと(前編)

顧問先の置かれている状況やステージによって
月次訪問の頻度や提供する資料は異なりますが、
どのような状況でも共通して税理士に求められていること
と求められていないことがあります。

今回は、そんな顧問先の社長の本音の話です。
前編では3つのうち、1つを紹介します。

その1「分かりやすい月次資料と説明」
経営者は日々お金と格闘しているとはいえ、
ほとんどの方が実は会計・税務に対して
苦手意識を持っています。

だからこそ税理士が頼りにされる存在なのですが、
そんな会計・税務に苦手意識のある顧問先に対する
税理士のマズい接し方は2パターンに分かれます。

まずは説明が面倒なので省く例です。
社長さんから疑問が投げ掛けられたとき、
つい面倒になって「こちらでうまくやっておくから」と
持ち帰ってしまう先生が意外に多くいます。

一見、顧問先の手間が省けて良さそうですが、

実は社長の心の中では
「もう少し丁寧に分かりやすく説明してもらいたいのに…」
と思っているのです。

社長さん自らが何か教えてもらいたいような
素振りを見せたときは、面倒かもしれませんが、
要点だけでも分かりやすく説明してあげてください。

「ウチの税理士は冷たい」という印象が生まれてしまうと、
後々税務調査でミスが見つかったときなどに
「何の説明もなく税理士が勝手にやったことだ」
といった責任を問われることにもなりかねません。

もうひとつ、社長の心を読み切れない先生の例は、
社長は分かった顔をしているものの実はほとんど
分かっていないため、本当は説明してもらいたいと
思っているのに、それに気付かないことです。

専門用語ばかり使って説明したつもりになっている
場合も同様です。専門用語とともに膨大な月次資料を
渡したところで、ほとんどの社長は理解できていません。
資料に目を通すことすらしていないのが現実なのです。

実際、社長さんに税理士先生を紹介する前に社長と
仲良くなって本音を聞き出すと、

「実は会計のことはよく分からないけど、
今さらそんなこと言えないんだよね」
と言われる方がほとんどです。

ぜひとも、要点だけをまとめた分かりやすい資料を作り、
社会人1年目の新卒にも理解できるレベルで
丁寧に説明してあげてください。喜ぶ社長はいても
嫌がる社長はいないはずです。

▢一番読まれている記事

  1. 2020年05月19日
    【特別家賃支援給付金】最大300万円事業者の家賃を補助!対象条件とは?

  2. 2020年02月18日
    「続柄」の正しい書き方とは?書き方の基礎知識

  3. 2020年05月21日
    新型コロナ緊急対策の持続化給付金ー中小企業200万円・フリーランス100万円の現金給付金

  4. 2020年04月11日
    あの人気テレビ番組「マネーの虎」に出ていた社長たちの現在は?!

  5. 2019年10月23日
    税理士への苦情は、どこに言う?

  6. 2020年02月29日
    総勘定元帳の基礎知識とエクセルで作成する方法

  7. 2020年04月20日
    請求書の「かがみ」とは?知っておきたい請求書の基礎知識

  8. 2020年04月06日
    確定申告の還付金はいつ・どのように戻ってくる?その仕組みを詳しく解説

  9. 2020年03月03日
    マイナンバー桁数は何桁?その意味とは?

  10. 2020年02月12日
    マイナンバー制度のメリットとデメリット