2020年2月15日

経理の仕事とは?会計や財務との違いや仕事内容について解説 

経理会社を運営していくために、経理業務はどうしても欠かせん。会計や財務との業務とは異なっています。では、経理は具体的にどのような仕事をしているのでしょうか?この記事では、経理の基本的な仕事内容など経理の業務について解説していきます。

経理とは?

経理とは、会社のお金の流れを管理し、会社の事業をすべて数値化する仕事です。会社を経営する上で利益と資産を生み出すためには、お金を使って原材料や資材などを購入したり、人を雇用したり、サービスや商品を売買したりなどして、会社のお金が動いています。会社のお金がどれくらい支出し、どれくらいお金が入ってきたかを管理するのが経理の仕事です。

お金の流れを正確に数値化するためには、毎日の売上管理や仕入れ管理、給与の計算、税金の計算などが代表的な仕事内容として挙げられます。また、お金だけでなく、商品や資産も会社の財産の一部と考えているので、経理が管理することもあります。さらに、会社のお金から利益や資産を生み出すためには、経営者の考え方や方針をしっかり理解しておくことも求められています。

会計との違いとは?

会社のお金を管理している経理と同じように、お金に関わる業務をしている会計や財務という仕事もあります。では、経理と会計にはどのような違いがあるのでしょうか?会計は、お金の出入りの計算と管理をすることが主な業務です。会計には「管理会計」と呼ばれる売上と利益の管理と、「財務会計」と呼ばれる伝票の作成や帳簿の記帳などの2つの分野に大きく分かれています。これらの仕事は、経理の仕事の一部です。経理はこれらの会計業務に加え、給与や保険の管理、決算書の作成など幅広い仕事を扱っています。

財務との違いとは?

では、経理と財務にはどのような違いがあるのでしょうか?会計や経理の仕事と比較すると、財務は全く異なる仕事内容になります。財務は、会社に必要な資金を調達することを主な業務としています。具体的には、銀行から資金調達をしたり、会社の業務に必要な資金を管理することが仕事となっています。

また、経理が作成した賃借対照表(B/S)や損益計算書(P/L)などの決算書をもとに会社が事業計画を立て、その計画に基づいて資金を調達することが財務の仕事となります。

経理の主な日次業務とその流れについて

経理の仕事は、「日次業務」「月次業務」「年次業務」の3つのサイクルに大きく分類されています。まず日次業務からみていきましょう。日次業務は、お金を動す業務が多いのが特徴的です。一度に動かす金額が大きいので慎重に作業することが求められています。

領収書や現金等の管理

会社を運営していくためには、様々な経費が発生します。これらの経費は、領収書によって会社に証明されます。領収書を管理するのは、経理の仕事です。もし領収書がないと経費を証明することができないため、税務署から指摘されてしまうこともあります。領収書をしっかり管理しておくことは、とても重要な仕事のひとつです。

また、現金出納帳の入力や預金管理を行うことで、現金や預金、小切手、手形などの管理も行います。

掛取引

企業間で取引を行う場合、即時に支払うことはほとんどありません。多くの場合、月締めをし、後日お金を振り込むことが一般的です。このように商品は出入荷していても金銭の取引を後から行うことを「掛取引」と言います。この掛取引の記録を管理することは、経理の仕事です。

毎日の売上管理や仕入れ管理

仕入管理や買掛金など仕入に関するお金を管理したり、売上管理や売掛金の管理、請求書の発行、領収書の発行など売上に関するお金も管理します。

在庫の管理

経理は、会社の商品や資材などがどれほど残っているのか、在庫管理をすることも仕事の一部となっています。

経理の主な月次業務とその流れについて

経理の主な月次業務には、次のようなものが挙げられます。

請求書と売掛金の管理

掛取引による代金をもらうために、経理が取引先に対して請求書を発行します。それとは逆に、取引先から経理宛てに請求書が送られてくることもあります。請求書の発行に基づき、売掛金の入金消込と計上処理を毎月の締め日までに行う必要があります。

給与と報酬の計算と管理

従業員への給与を支払うために、給与台帳を作成することも経理の仕事です。また、役員報酬の管理も経理が行います。給与は、労働時間の管理や各種手当の計算、社会保険料や源泉徴収の計算なども経理の業務となっています。また多くの企業では、経理が給与明細を発行しているようです。

税金の納付

毎月10日までに住民税や源泉所得税の納付、月末には社会保険料の納付をします。

月次決算書作成と予算実績管理

経理は、1ヵ月単位で会社の予算計画と現状の実績を照らし合わせ、会社の利益や資産、無駄な経費や出費はないかなど運営を確認します。月次決算書を作成し、その書類をもとに経営方針を決めていきます。そのため、月のはじめに作成することが求められています。

経理の主な年次業務とその流れについて

経理の年次サイクルの業務はたくさんあり、とても重要です。

決算業務と確定申告

経理は、四半期ごとや年度末に決算業務をします。売上や利益、原価や販売費など会計帳簿をもとに「損益計算書」や、会社の財務状態を数値化した「貸借対照表」などの決算書類を作成します。そして、決算書類の内容をもとに、確定申告をします。決算日から2ヶ月以内と期間が決まっています。

年末調整と社会保険の管理

法人であれば、従業員の社会保険加入は義務付けられています。新しく入社した従業員の社会保険加入の手続きも経理が行います。また、社会保険料の計算と申告を年次に行うのも経理の業務です。さらに従業員全員分の年末調整の申告も経理が行います。

まとめ

経理業務は、会社のお金の流れを記録し、管理することです。毎日しなけれないけない業務もありますし、納税や確定申告などのように作業に締日が定められている業務もあります。そのため、日次、月次、年次のスケジュールを上手に組み立て業務をしなければいけません。一つひとつの業務を正確に行う必要があるので、経理を選ぶ際には信頼できる人を選ぶことができるでしょう。

▢一番読まれている記事

  1. 2019年10月25日
    税理士のミスにより損害が発生した場合~責任はどこまで問える?

  2. 2019年10月23日
    税理士への苦情は、どこに言う?

  3. 2019年11月07日
    税理士への相談、どこまで無料?どこから有料?

  4. 2020年02月19日
    確定申告の還付金はいつ・どのように戻ってくる?その仕組みを詳しく解説

  5. 2020年02月18日
    「続柄」の正しい書き方とは?書き方の基礎知識

  6. 2020年02月01日
    税理士を雇う費用はいくらなのか?4つのメリット

  7. 2020年03月03日
    マイナンバー桁数は何桁?その意味とは?

  8. 2020年02月16日
    源泉徴収票を紛失したときの対処方法-再発行は可能?

  9. 2019年09月25日
    無資格(ニセ)税理士に依頼してはいけない理由とそのリスク

  10. 2020年02月13日
    【初心者必見】確定申告をe-tax(電子申告)でする方法