対面と質にこだわり顧客満足度No.1 - 税理士紹介相談所
おかげさまで10周年
あなたにピッタリの税理士を無料にてご紹介させて頂きます。
ご利用実績: 10,719
  • 良い税理士を選ぶ3つの基準
  • お客様の声
  • 相談所ストーリー
  • 社長ブログ
  • 税理士の方へ
2016年10月11日

税理士の月額を抑える3つのポイント

税理士の月額を抑える3つのポイント

税理士に月額を支払う意味

「税理士に月額報酬を支払っている意味がわからない」「税理士に仕事を依頼していても、本当に頼り切りにしていてもいいのか」「税務を税理士に頼んでいる意味は?」

 

当たり前のように税務は税理士に依頼するものだと言われていますが、これから頼もうとしている人も、すでに付き合いがある人も、もう一度その意味を考えてみると、イメージがハッキリしないかも知れません。

 

そこで予習・復習を兼ねて、改めて税理士の仕事の意味と、できるだけ月額を抑える方法とそのリスクについて考えてみたいと思います。

 

税務を税理士に依頼することには理由があり、月額を抑えることにはそれなりのポイントがあり、リスクも含む場合があります。

 

※税理士は何をしてくれるのか知りたい方は『税理士の役割』をご覧ください。

月額を抑える3つのポイントとそれぞれのリスク

多様で質の高いサービスを受けられるのが顧問契約を結ぶ意味になりますが、月額を安くしたいという要望はあるでしょうし、その際にリスクが生じないかという心配もあると思います。

1、値下げ交渉をする

単純に、値下げをお願いするというパターンです。税理士側には値下げをする理由がありませんから、交渉は成立しにくいものですが、依頼者の財務状況や税理士変更への危惧などから、意外と受け入れてくれることもあります。

 

リスクとしては、実務のレベルやサポートの質が落ちるなど税理士のモチベーションに影響する恐れがゼロではありませんので、お互いの信頼関係がしっかりあることが前提になるでしょう。

2、作業量を減らす

毎月の訪問を受けていれば、それを隔月にしたり依頼者が税理士事務所を訪ねるスタイルにすることなどが考えられます。会計業務については、依頼者自身が行うことで、記帳代行料をカットすることができます。

 

考えられるリスクとしては、締めの報告が隔月になると経営状況を把握するスパンが長くなり、古い情報になってしまいます。また、自社で会計ソフトに入力すると自社の作業量を増やし、正確性を下げる可能性があります。

3、安い税理士に変更する

税理士業界にも価格破壊の波が来ており、格安で業務を請け負う税理士がいます。顧問料を抑えることを優先事項とするならば、税理士選びの目安になるでしょう。

 

料金が安いことには何らかの理由があるはずで、それがリスクにつながる可能性があります。大抵は低価格型として独自のノウハウを持っていたり、仕事のない税理士が採算度外視で安くしているパターンですが、安かろう悪かろうという税理士に当たってしまうと、業務の質の低下を招く恐れがあります。

 

※格安税理士を探したいという方は『格安税理士のメリット』をご覧ください。

抑える前に顧問契約の内容をよく理解しよう

まずは現在の顧問契約を見直してみて、しっかりと理解することが必要です。それから契約内容が本当に必要なものか判断したり、相場と比較してみて金額の是非を問うてみましょう。

 

その上で、不要な契約内容や自分がやることで費用の節約につながるものがあれば、税理士に相談して顧問契約を見直し、費用を抑えることに向き合います。

 

ただし、変更によって訪れる業務上のリスクや、作業量の増加などの負担について納得できていることが必要です。

 

その判断を間違うことこそが最大のリスクであり、後から後悔することにつながるので、月額を抑えたいと思う時には、慎重で適切な判断力が欠かせません。

税理士報酬 適性診断

お問い合わせフォーム

 

 

フリーダイヤル:0120-919-732
フリーダイヤル:0120-919-732
お問合せ内容  




⇒ 資料請求の方はこちら  
⇒ 税理士の方はこちら


[ 例 ] 株式会社タックスコム

[ 例 ] 山下 太郎

[ 例 ] info@t-zei.jp

[ 例 ] 0368694486(ハイフンなし)

[ 例 ] 東京都港区虎ノ門1-1-21 新虎ノ門事業会館5F
相談項目  





・該当するものすべて選択ください。
.  万円
[ 例 ] 1億円 = 10000
.

PAGE TOP
このページのトップへ
  • はじめて税理士と契約をお考えの方へ
  • 今の税理士が不満で変更をお考えの方へ
  • 税理士に相続税の申告をお願いしたい方へ