対面と質にこだわり顧客満足度No.1 - 税理士紹介相談所
おかげさまで10周年
あなたにピッタリの税理士を無料にてご紹介させて頂きます。
ご利用実績: 11,516
  • 良い税理士を選ぶ3つの基準
  • お客様の声
  • 相談所ストーリー
  • 社長ブログ
  • 税理士の方へ
2016年10月11日

個人事業主が税理士に依頼するタイミングと値段

個人事業主の税理士値段はいくら?個人事業主にとって、経営上の悩みの一つが税務に関することです。自分の事業は手の届く範囲でしっかり管理できますし、日々のお金の流れは把握できているでしょう。

 

しかし、納税するに当たっての税務となると、法律上の決め事がたくさんあり、それを独学で行うことには不安があったり無理だと感じることもあります。

 

※注:もし今税理士をお探しなら
実績1万件以上!タックスコムの税理士紹介サービス『税理士紹介相談所』にご依頼ください。面談済み税理士1000名の中からピッタリの税理士を無料でご紹介いたします。

 

比較的事業規模が小さい個人事業主が、税理士に税務を依頼するべきポイントは売上高と納税額です。

税理士に税務を依頼する2つの判断基準

判断基準は、主に2つあります。

1、売上高が1,000万円を超えた時

売上が1,000万円を超えると、既定の時期から消費税の課税事業者として扱われますから経理業務が途端に煩雑なものになります。関連する法律も多いので、素直に税理士に任せた方が無難です。

2、課税所得が600万円を超えた時

このレベルの事業になると、会社を設立した方が税率で優位になるなど、個人事業というスタイルを見直す転機になります。会社の税務となると専門的な知識が欠かせず、税理士を必要とするでしょう。

 

白色申告をしていて、基礎控除を含めた諸々の控除額と所得額が相殺されたり、税金が負担と感じないレベルであれば、税理士はまだ必要ではないかも知れません。

 

税額の負担が増え青色申告の特典に魅力を感じるようになったら、税理士に税務を依頼するタイミングだと言えるでしょう。本格的な会計業務の履行が求められるからです。

個人で税理士に依頼する値段

依頼する業務の量と質によって値段は変わります。

 

帳簿付けのチェックをお願いしたいのであれば顧問契約を結ぶことになりますが、この契約にも様々な形があります。税理士に来てもらうのか、自分が税理士事務所に行くのかの違いでも値段に影響します。

 

それでも強いて言うならば、以下の内容が一例となるでしょう。
・顧問料として毎月1万円前後
・会計ソフトへの入力を代行してもらうならばプラス1万円前後
・確定申告時の代行料として約10万円前後

合計すると、年間で30万円前後といったところが相場観のひとつです。

個人事業主は税理士に依頼するべきか?

税理士に報酬を支払うということは、事業で利益が出ていることが前提となるでしょう。それはイコール、利益と納税額と税理士報酬を天秤に掛けることになります。

 

費用対効果で考えることが一番であるとともに、税理士と付き合うことのプラスアルファの価値も考えてみたいところです。

 

会計ソフトへの入力の仕方を教えてもらえれば、入力代行料はかからなくなりますし同時に正しい経理の仕方について学ぶことができます。

 

また、業界の動向や、税務・会計についての情報提供など、より経営者としてのレベルアップにつながる学習の場としても活用できるでしょう。

 

まずは税務に対する法令遵守への対応力を判断し、不足や不安を感じたら税理士に相談してみましょう。

※税理士への相談する際の注意事項は『税理士相談』をご覧ください。

失敗しない税理士の選び方教えます。

お問い合わせフォーム

 

 

フリーダイヤル:0120-919-732
フリーダイヤル:0120-919-732
お問合せ内容  




⇒ 資料請求の方はこちら  
⇒ 税理士の方はこちら


[ 例 ] 株式会社タックスコム

[ 例 ] 山下 太郎

[ 例 ] info@t-zei.jp

[ 例 ] 0368694486(ハイフンなし)

[ 例 ] 東京都港区虎ノ門1-1-21 新虎ノ門事業会館5F
相談項目  





・該当するものすべて選択ください。
.  万円
[ 例 ] 1億円 = 10000
.

PAGE TOP
このページのトップへ
  • はじめて税理士と契約をお考えの方へ
  • 今の税理士が不満で変更をお考えの方へ
  • 税理士に相続税の申告をお願いしたい方へ