対面と質にこだわり顧客満足度No.1 - 税理士紹介相談所
おかげさまで10周年
あなたにピッタリの税理士を無料にてご紹介させて頂きます。
ご利用実績: 11,516
  • 良い税理士を選ぶ3つの基準
  • お客様の声
  • 相談所ストーリー
  • 社長ブログ
  • 税理士の方へ
2017年2月28日

決算申告を税理士に依頼するには?

決算申告を税理士に依頼するにはどうすればいいのか?

決算申告の意味

法人や個人を問わず、事業者には日々の会計業務が必要になります。事業を営むためにはお金が必要であり、出たり入ったり流れ続けるもので、その変化と現状をしっかりと把握できていなければ、正常な経営の舵取りを行うことができません。

 

その会計業務の総まとめが決算です。事業の形態や規模によって多少の違いはありますが、通常は1年毎の決算期末に、その期のお金の流れを取りまとめて、期末時点でどのような財務状況にあるのかを明らかにします。

 

そして、そこで明らかになった数字を基に、税金を自己申告して納税するための確定申告を行います。特に所得税の確定申告は、納めるべき税金の根幹となるものであり、正しい申告を速やかに行う責任と義務を、事業者は負っています。

 

※注:
決算申告を税理士に依頼したいなら面談済み税理士1000名の中からピッタリの税理士を無料でご紹介いたします。実績1万件以上の税理士紹介相談所はこちら

決算申告を税理士に依頼するとは

日頃の会計業務だけをみても、実際のところきちんと行えている事業所は、決して多いわけではありません。白色申告者まで含めると、通常は簡単な帳簿付けでどんぶり勘定の経営というところも珍しくありません。会計業務自体は手間を掛けても利益を生みませんし、それなりの知識も要するからでしょうか。

 

そこで、会計・税務を支援してもらうために、税理士に依頼するという動機が生まれます。専門家の手によって代行してもらい、時には有益なアドバイスももらえるとあって、費用対効果を評価して、税理士を導入することになります。

 

決算申告にあたっても、その手間やノウハウについて、当然税理士に依頼することになります。日頃から会計業務を手伝ってもらっていれば、決算業務もスムーズに任せられることができます。特に法人の場合は複雑なルールに基づくものであり、専門家に依頼することが確実です。

 

決算申告を税理士に依頼する方法

決算申告を税理士に依頼するには、主に2つのパターンがあります。ひとつは顧問契約を結んでいて、その契約の中で依頼するものです。原契約の中に含まれている場合や、決算業務は別途オプション扱いになるなど、形態は様々ですが、普段の会計業務支援の延長として依頼できることには、安心感があります。

 

もうひとつは、日頃の会計業務は自分で行い、決算申告だけを税理士に依頼するというパターンです。小規模事業者や、取引先が少ない、会計処理が比較的簡素など、いろいろな理由で会計業務の内省化が可能な場合、難しいところの決算申告だけを、税理士に頼るというやり方です。

 

顧問税理士をつけなかったり、会計業務の支援を受けないことには、様々な理由があるでしょうが、やはり税理士の立場からすると、常にお金の流れを把握してきた上で、決算申告を任された方が、責任のある仕事ができると思える面があります。

 

決算申告を依頼する税理士の探し方

決算申告を税理士に依頼する方法のパターンで挙げたように、基本的には2つの方法に分かれます。ひとつは顧問税理士をつけて、契約の範囲内で決算申告まで依頼するという考え方です。顧問税理士については、決算以外にも相性や業界への理解度など、他に考慮するべきポイントが出てきますので、慎重に選ぶ必要があります。

 

もうひとつは、決算申告のみを請け負う税理士に依頼する方法です。前述した通り、通常は税理士側も顧問契約内での業務であるべきと考えることが多いため、スポット的に決算申告だけを請け負う税理士の、絶対数は少ないと考えたほうがよいでしょう。

 

しかし、自社の経営状況や会計業務の内容を相談して、十分スポット的な対応でも大丈夫ということも少なくありません。それでも決算申告自体はややこしいものですし、間違いがあればペナルティを受ける可能性もあるので、決算申告のみとはいえ、しっかりとした税理士を探して依頼したいものです。

 

地元の商工会や業界団体などで、決算申告を代行する税理士の紹介を受けられることがありますし、ネットなどで営業している税理士もいます。どういう考え方で、決算申告のみを扱うのか、しっかりと明記している税理士の方が、安心感があります。事前の十分な説明があるかどうかもチェックポイントになります。

失敗しない税理士の選び方教えます。

お問い合わせフォーム

 

 

フリーダイヤル:0120-919-732
フリーダイヤル:0120-919-732
お問合せ内容  




⇒ 資料請求の方はこちら  
⇒ 税理士の方はこちら


[ 例 ] 株式会社タックスコム

[ 例 ] 山下 太郎

[ 例 ] info@t-zei.jp

[ 例 ] 0368694486(ハイフンなし)

[ 例 ] 東京都港区虎ノ門1-1-21 新虎ノ門事業会館5F
相談項目  





・該当するものすべて選択ください。
.  万円
[ 例 ] 1億円 = 10000
.

PAGE TOP
このページのトップへ
  • はじめて税理士と契約をお考えの方へ
  • 今の税理士が不満で変更をお考えの方へ
  • 税理士に相続税の申告をお願いしたい方へ