対面と質にこだわり顧客満足度No.1 - 税理士紹介相談所
おかげさまで10周年
あなたにピッタリの税理士を無料にてご紹介させて頂きます。
ご利用実績: 11,516
  • 良い税理士を選ぶ3つの基準
  • お客様の声
  • 相談所ストーリー
  • 社長ブログ
  • 税理士の方へ
2017年3月3日

会社設立のタイミングで税理士に依頼するには?

会社設立のタイミングで税理士に依頼するにはどうすればいいのか?

会社設立と税理士の関係

会社設立に臨む背景には、主に2つのパターンがあります。
1.会社設立をもって起業する
2.個人事業から法人成りする
パターンによって、若干の違いはありますが、会社設立のために行うべき手続きに、大きな違いはありません。要件は決まっていますので、手続きの過程に違いがあるだけです。

 

どちらのパターンにおいても、税理士が大きく関わってきます。会社設立には、様々な士業が関わるものですが、それぞれに依頼をし、相談や打ち合わせをしながら進めていくやり方は、煩雑になりがちです。

 

他の士業がほぼ定形の手続きを履行することに対して、税理士が関わる部分は、設立した会社のあり方や、その後の経営に強く影響を及ぼす性格があります。そのために、税理士を窓口にして、会社設立のための手続きを依頼することが賢い方法です。

 

※注:
会社設立から依頼できる税理士を探すなら『税理士紹介相談所』にご依頼ください。実績1万件以上!面談済み税理士1000名の中からピッタリの税理士を無料でご紹介いたします。

会社設立のタイミングと税理士に依頼する3つの意味

会社設立のタイミングにあたって、税理士に依頼する意味については、前項で少し触れましたが、その他にも様々なメリットがあります。いくつかの事例を挙げてみます。

 

1.事業計画書の作成のアドバイザーとして
税理士は多くの事業者を、経営に深く関わりながら見てきています。そこで培われた経験は、コンサルティングに活かすことができ、会社設立のための準備として作成する、事業計画書の立案に有効なアドバイスをすることができます。

 

2.資金調達の協力者として
会社設立にあたって、税理士の立場で依頼を受けることは珍しくなく、豊富なノウハウを持っています。起業によって会社設立にあたる人には、資金を調達するに足りる信用度が低い場合は多く、法人成りにおいても、一定の財務状況が求められます。こうした部分をカバーしつつ、資金調達に長けるのが優れた税理士です。

 

3.節税対策が行える
会社設立時の条件によって、後の経営にあたり、税に対する取り扱いが変わる場合があります。そのために、より有利な条件になるように、会社設立の要件を調整するノウハウを、税理士は有しています。特に起業間もない頃には役立つものなので、逃す手はないでしょう。

 

会社設立を得意とする税理士とは

会社設立の代行を、特に得意とする税理士の特徴は、前述したメリットを、ノウハウとして有していることとなります。基本的な知識は税理士であれば持つものですが、特に法人税関連や、会社設立に関する法令や資金調達のノウハウなどが大切になります。

 

また、税理士が主幹として会社設立の手続を行うとして、他に関係する司法書士や行政書士が担う部分も、上手に監督・リードする必要があります。中にはダブルライセンスを持つ税理士もいますし、ひとつの税理士事務所に、必要な有資格者が揃っているケースなどでは、連携もよいものが期待できます。

 

もうひつとつ条件を挙げるとすれば、できるだけ多くの業界・業種の会社設立の経験があることです。それぞれに適した会社設立のノウハウがあり、事業計画書の作り方も、会社組織のあり方も違ってきますから、幅広い経験を持つことは、それだけ多様な依頼に応えられることになります。

 

会社設立のタイミングで税理士に依頼する方法

会社設立を、起業あるいは法人成りにおいて、税理士に依頼するには、まずは会社設立に長けた税理士を探さなければなりません。そのためには、求める税理士像をある程度決めて置く必要があります。通常は、会社設立を手助けした税理士が、最初の顧問税理士になる確立が高いからです。

 

自社になるべく近い税理士を望むなら、近隣で営業しているところが対象になりますし、離れていても、それほど頻繁に面談する必要を感じず、会計・税務の代行を書類上でやってくれればよいと考えれば、料金面や付き合い方の相性が優先事項になってくるでしょう。

 

会社設立を請け負う税理士は多いですが、本当に実力があるかどうか見極めるためには、事業計画書のひな型を持っていき、コンサルティングを受けることです。そこでの説明やアドバイス、不足部分のフォローなどで、自分が納得できる税理士を選ぶべきです。

 

「会社設立」と「地域名」や「(業種)」などのキーワードで、ネットで探すことができますし、第三者の視点も取り入れて検討したい時などは、税理士紹介サービスなどで、会社設立を得意とする税理士を、候補に上げてコンサルティングしてもらえばよいでしょう。

失敗しない税理士の選び方教えます。

お問い合わせフォーム

 

 

フリーダイヤル:0120-919-732
フリーダイヤル:0120-919-732
お問合せ内容  




⇒ 資料請求の方はこちら  
⇒ 税理士の方はこちら


[ 例 ] 株式会社タックスコム

[ 例 ] 山下 太郎

[ 例 ] info@t-zei.jp

[ 例 ] 0368694486(ハイフンなし)

[ 例 ] 東京都港区虎ノ門1-1-21 新虎ノ門事業会館5F
相談項目  





・該当するものすべて選択ください。
.  万円
[ 例 ] 1億円 = 10000
.

PAGE TOP
このページのトップへ
  • はじめて税理士と契約をお考えの方へ
  • 今の税理士が不満で変更をお考えの方へ
  • 税理士に相続税の申告をお願いしたい方へ