対面と質にこだわり顧客満足度No.1 - 税理士紹介相談所
おかげさまで10周年
あなたにピッタリの税理士を無料にてご紹介させて頂きます。
ご利用実績: 10,719
  • 良い税理士を選ぶ3つの基準
  • お客様の声
  • 相談所ストーリー
  • 社長ブログ
  • 税理士の方へ
2016年9月30日

フリーランスが税理士に依頼する3つのメリット

フリーランスに税理士は必要なの?最近の働き方の多様化で、フリーランスとして働く人も増えていますが、その大半がぶち当たる壁があります。「確定申告

 

「どうすればいいのかわからない」「自分は確定申告しなければならないのか?」「誰に頼めばいい?」等々、疑問や不安がつきまとうものです。

 

フリーランスであまり事業規模が大きくない人でも、確定申告は必要です。自分でやることもできますが、様々なメリットを考えると、税理士に依頼する方が賢い選択と言えます。

フリーランスこそ税理士に確定申告を依頼しましょう。

そもそも確定申告とは

「確定申告をどうすればいいのかわからない」という人の中には、多分に確定申告そのものが何なのか分かっていない人が少なからずいます。

 

フリーランスが行う確定申告は、1年間の売上と経費をまとめて、課税所得を算出し、そこから税額を計算します。この結果赤字になり、納税額が発生しないとしても、確定申告はするべきです。

 

確定申告は、国税である所得税が基本になっていますが、その情報は地方自治体とも共有され、市県民税の算出にも用いられます。確定申告をしていないと、自治体が市民の所得を把握できず、お訊ねの文書が送られてくることになってしまいます。

フリーランスが確定申告を税理士に依頼する3つのメリット

自力でもできそうな確定申告を、税理士に依頼するメリットには、次のことが挙げられます。

 

1、手間がかからない

フリーランスには職人肌の人も多く、何でも自分でやりたがる傾向にあるようですが、費用対効果を考えなくては意味がありません。確定申告の書類を書くには、専門的な税務の知識が必要であり、年間の経費の分類・集計なども行わなければなりません。

 

これが税理士に依頼すれば、契約書の頭書きのコピーや、請求書・領収書などをまとめて渡すだけでおしまいです。あとはすべて税理士が代行してくれます。年度末の忙しい時期に、本業に集中できるメリットは大きいです。

2、正確である

専門家の税理士に任せることは、正確性の担保にもつながります。たとえ簿記の知識があり、会計ソフトを使える人でも、実務での税務上の判断となると、わからないことが多いものです。そこを曖昧に勝手な判断でやってしまうと、後の税務調査が入った時に指摘されることになってしまいます。

3、相談ができる

税理士に依頼できる確定申告の形として、最も簡易なものは年に1度必要な書類を渡して、確定申告書の提出までやってもらうスタイルです。

 

それでも、書類提出時に質問したいことがあれば受け付けてくれますし、確定申告を手がけた税理士は、後に万が一税務調査が入った時でも、依頼者の代理人として対応に当たってくれます。本人が代行して作成してくれたものですから、しっかりとした説明と税務署との交渉が期待できます。

フリーランスが確定申告を税理士に依頼する2つのデメリット

デメリットとなることはあまり考えられませんが、強いて言うなら以下の2点になります。

1、費用がかかる

当たり前のことですが、税理士に報酬を支払わなくてはなりません。確実に出て行くお金なのであえてデメリットとしましたが、これは費用対効果で判断するべきです。

2、事業に関するお金の動きに関心が無くなる

これは多少問題があります。小規模の事業であれば、お金の回り方も少額で、仮に資金繰りに黄色信号が点ったとしても、何とかその場しのぎができるかも知れません。

 

しかし、小規模のフリーランスでも、一人の経営者であることに変わりはなく、きちんと自分の事業のお金の回り方や、税金の負担については把握しておくべきです。こうしたことが、間違いのない税理士の仕事に頼り切りになってしまうと、思わぬ落とし穴に陥る危険性があります。

税理士報酬の目安

例外的に、取引件数が多かったり、外注先・取引先が多数になるなど特殊な事情があれば、月次の面談と報告がある顧問契約が必要かも知れませんが、ここではその域ではないと仮定します。

 

フリーランスの場合、特に戦略的な事業計画を立てるコンサルティングなどを必要としなければ、年間あるいは半期ごとの記帳代行と決算、確定申告の代行だけで間に合うでしょう。

 

このスタイルでの目安としては、おおよそ15万円前後が相場であるようです。会計資料の量や、税理士が依頼者の元を訪れて説明をするとなると、さらに追加料金がかかります。

 

売上が1千万円を超えないレベルであれば、年に一度の資料の郵送スタイルでも、問題なく確定申告を依頼できます。

 

※売上が1千万円を超える場合は『税理士を顧問でつけるメリット』をご覧ください。

税理士選びには気を付けるべき

このように頼りになる税理士ですが、税務の仕事は幅広く、中にはフリーランスの確定申告を受け付けないところもあることを頭に入れておくべきです。断られたからといって決して不親切な税理士という訳ではなく、税理士ごとに業務のスタイルがあることを理解しなければなりません。

 

また、あまりにも低価格の税理士の場合、事前に会計書類を細かく整理することを要求されたり、確定申告書の提出は自分でやるように言われるなど、何らかの条件付けがあることが多いので、価格のみにとらわれ過ぎない注意が必要です。

税理士報酬 適性診断

お問い合わせフォーム

 

 

フリーダイヤル:0120-919-732
フリーダイヤル:0120-919-732
お問合せ内容  




⇒ 資料請求の方はこちら  
⇒ 税理士の方はこちら


[ 例 ] 株式会社タックスコム

[ 例 ] 山下 太郎

[ 例 ] info@t-zei.jp

[ 例 ] 0368694486(ハイフンなし)

[ 例 ] 東京都港区虎ノ門1-1-21 新虎ノ門事業会館5F
相談項目  





・該当するものすべて選択ください。
.  万円
[ 例 ] 1億円 = 10000
.

PAGE TOP
このページのトップへ
  • はじめて税理士と契約をお考えの方へ
  • 今の税理士が不満で変更をお考えの方へ
  • 税理士に相続税の申告をお願いしたい方へ